忍者ブログ

6.30集会報告&報告ビラ~みんなでつくりました~

BGM
明日へ FUNKY MONKEY BABYS 

   
8.6ヒロシマへGOOOOOO!!!


そのための実行委員が必要です!

なぜかというと・・・
 核と戦争をなくすには、それを必要とする社会のあり方そのものを変革していく情熱をもったリーダーが必要だからです。今年の8.6は歴史の分岐点です。今やらずしていつやるのか。誰もが平和を願いながら1人ではできないとあきらめてはいないか。しょうがないとあきらめるにはまだ早い。

学生には戦争をとめる力がある

広大生がその先頭に立とう!

あなたのひとつの行動が

社会を変える力!!
8.6ヒロシマに向けて・・・

6.30大集会を開催しました!



6.30集会報告

司会は安藤全学連副委員長の音頭で始まる。

今から集会を始めます

倉澤憲司さんの講演

 県教委には8月6日は、「研修」を入れないと確約させた。「8月6日に研修を入れるのは配慮が足らなかった」と。だけど自分に対する処分は正当なんだと言っている。ここがポイントなんだと思います。
 教育現場に民間企業がどんどん入ってきて、非正規職とかの問題も横行し、教員の多忙化の中で声を上げられない状況がつくられていますが、その中から教員が立ち上がっています。8.6ヒロシマ大行動で、核と戦争をなくし、教育を現場の教員や学生の手に取り戻すためにともに頑張りましょう。

生協職員からの発言

 大学が法人化され、食堂が合理化されるということが始まりました。生協内部で起きている事態を職員が告発すれば、生協理事会から口封じをされる圧力がかかるのです。しかしそれでも東食堂の合理化に反対する署名が600筆ほど集まっています。コック制度の廃止と薬品付けの野菜の導入を許さず、学生・教職員とともに頑張っていきたいと思います。

広大生からの発言 何人も発言!





 広島大学は平和をブランド化していますが、実態は原発開発や兵器産業で名を上げる三菱重工を経営協議会に入れ、原爆開発を行うアメリカ・ロスアラモス国立研究所と提携を結んでいる状況です。戦争が教育から起きる歴史を振り返れば、教育労働者と学生こそが戦争をとめる存在です。大学で反戦闘争を巻き起こそう!


 交流会も盛り上がりました。

参加者(一年生)の意見・感想
・今の教育現場がどれだけ先生どうしの関係を薄くし、教育現場をもっとも知っているはずの教師が「こうしたい」という意見も言えないということには驚きました。この状況は明らかに間違っていると思うし、教育の発展を阻害し、子どもたちの成長も阻害することになると思います。

・今の生協や教育現場で起こっている矛盾に対して、自分たちの意見を強く言っていく重要性を感じました。

・僕達は小中高と何を学んできたのか。大学との違いは何なのか。大学の次は社会に出るしかない。今社会について学ばなかったらいつ学ぶのだろうか。今、大学生だからこそ、学ばなければいけない。大学生にしかできないことがある。この社会に興味を持ち、意見を持ってほしい。


 とにかくこの度「8.6ヒロシマ大行動広大生実行委員会」を立ち上げました。広大生が先頭に立って、核と戦争をなくす大運動を巻き起こそう!みんなやりましょう!
・・・byケンヤ
PR