忍者ブログ

改憲を発議止めよう!

広大生のみなさん!後期開講の最初のビラです。
臨時国会で狙われている憲法9条改悪、改憲発議を止めよう!

10月2日発行のビラです。
クリックすればPDFで読めます。

7月6日の豪雨災害をうけて訴えます

7月6日の豪雨災害をうけて訴えます

2018年7月9日 広島大学学生自治会
 7月6日からの歴史的豪雨は、中国四国地方を中心として大きな被害をもたらしています。東広島は被害甚大な地域のひとつであり、住居が床上浸水した広大生もいます。私たちからも、この大災害によって亡くなった方に哀悼の意を示します。
 学生自治会は全広大生に対し、この困難な状況を団結して乗り越えようと訴えます。東広島は主要交通を寸断され「陸の孤島」となっています。住居・食料・交通など、分かち合って生き抜きましょう。生きるための情報共有をはじめとして、クラス・サークルなどの繋がりをベースに自主的・積極的な団結で、この困難を乗り越えましょう。

 私たちはこの甚大な被害は、決して回避できなかったものではないと考えます。
 4年前の広島県安佐北・安佐南の地区での大規模土砂災害からの復旧がまだ終わらないうちの大規模水害です。全県的な対策の必要性が認識されていたはずです。しかし、安部政権の下での地方公務員の削減、地方切捨て政策により、ほとんど何の対策もされずに放置されてきました。今回床上浸水した広大生の住居も、ハザードマップでは問題になっていなかった場所でした。
 3・11の東日本大震災と原発事故は、この社会が「命よりも金」の社会であることを明らかにしました。大学、教育はこの「命より金」のもとで極限まで予算を削られ、地方自治体も金にならないものは切り捨てられてきたのです。
 災害対策には予算が投じられない一方で、Jアラート訓練やイージスアショア(ミサイル設備)の設置には何千、何兆円もの税金が投入されてきました。安部首相の「国民の生命と財産を守る」という言葉は改憲と戦争に向けたものでしかありませんでした。

 団結してこの大災害を乗り越えましょう。この団結こそが「命より金」の社会を変え、生き抜くための力です。私たち自身も、できる限りの情報発信や住居・食料の譲りあいなどをおこなっていきます。
以上