忍者ブログ

法大生洞口さんへの「呼び出し」の報告

BGM
supernova BUMP OF CHICKEN

 こんにちは。ケンヤです。法政大学において文化連盟サークル員・全学連副委員長代行洞口朋子さんに経済学部教授会により「呼び出し」がかけられていまして、昨日がその呼び出しの日でした。

 洞口さんはこう訴えています。


 今、私への処分が狙われています。「理由」の一つとして、私が6月10日に1年生の語学授業前に教室でアピールをしたことが、「授業妨害」だと言っているのです。隣にそのクラスの1年生がアピールしてくれています! その日に起きたことは「授業妨害」ではありません。ヤクザ部隊3人が、授業前にアピールする私を暴力的に教室から叩き出そうとしました。しかし! そのクラス全員がビラを受けとり、私の「こういう大学のあり方を変えたいんだ!」という訴えを真剣に聞いてくれました。この事実を120%ねじ曲げ、私を処分しようとしているのです。
 昨日(28日)、経済学部教授会からの呼び出しがありました。教授2人は最後まで名乗らず、私が「学生が逮捕・処分されていることに教授として抗議の声一つでもあげてきたのか?(法政大学当局は、今年の入試で「威力業務妨害」をでっち上げ、洞口さんを不当逮捕させた)」「学祭規制反対のビラまきがいけないことなのか?」と追及すると、何も答えず「ここはあなたの意見を聞く場ではない」と言い放ちました。こんな教授に学生を処分する資格はない! 法大生の声を一つに集めれば、絶対に私への処分は阻止できる! 30日の昼休み、「処分阻止! 学祭規制粉砕!」のデモをやろう!!

 また、2人の一年生からはこういう意見が出ています。

 6月10日(木)の868B教室において「授業妨害」はありませんでした。そもそも洞口さんは、必ず授業前には引き上げていきます。
 大学の言う「授業妨害」は授業の始まる3~5分前に起こったものであり、教授も来られる前です。この事実は、あの「授業妨害」の時にいたクラス全員が見ていたことですし、私も目撃者です。また、洞口さんの配ったビラをほとんどの学生が受け取りました(一部に受け取らない学生がいたのも事実ですが)。しかし、クラスの全員に問いただしても「授業前に起こった」としか言えないでしょう。むしろ、3人の男たちに暴力的に連れ出されていった洞口さんを心配する声の方が多かったのが事実です。
 「学生による通報だ」と教授会は言っていますが、あのクラスに「授業妨害だ」として通報する学生は皆無だと思います。あの後、授業は何の支障もなく90分間行われています。もしこのことをもって洞口さんの「処分理由」とするのであれば、もはや大学を信じることはできません。いったい私たちは何を信じればよいのでしょうか?

 昨日、学内でビラ配り・宣伝活動をしていた洞口さんが「最近の貴方の行動について聞きたい」という理由で法大当局に呼び出されました。しかし、洞口さんの行動は学生としておかしな所は何一つなく、宣伝の仕方やビラの内容もどこぞのカルトなんかと違い、堂々と自らの立場を表明し、かつそれとしても明確なものです。にもかかわらず、法大当局は洞口さんに対し、まるで中学か高校のように、一方的に呼びつけ「必ず一人で来るように」などとのたまい、密室で最後まで「名前すら名乗らない」教授たちによって尋問させたのです。
 僕は新入生ですが、これはどう見ても明らかに批判的な学生への恫喝であり、悪質な言論弾圧であり、こんなことがまかり通っている法大のあり方に大変驚きました。「これは開発途上の軍事独裁国の話ではなく、日本の首都東京にある市ヶ谷キャンパスの話だ」(『ジャパン・タイムズ』09年6月9日)、法大における一連の学生弾圧を扱った記事の文章です。
 みなさん、今や法大当局は、学生が本来学生として持っていて当然である普遍的権利を否定していることがハッキリしました。ここでは日本国憲法なんてモンは存在しません。批判的な人間は許されず、お上の言うことに無条件につき従うロボットのような人間こそ大学当局のいう「学業の本分を果たしている健全な学生」なのです。これは学問の破滅であり、大学の破滅であり、もっと言えば新自由主義的にも破滅です。偏差値としては二流私立である法大で、自分で動くことも知らないロボット人間になったところで、「イイとこ」に就職出来るのでしょうか? 法大が他大学に比べて魅力的なのはまさにそのバンカラとも言える高度な学生自治の気風と、そこから来る独特の学生文化だったのではないのでしょうか?
 だからこそ僕は、法大生が法大生であり続けるために、大学が大学であり続けるために、呼びかけたい。30日は門前への集結と法大包囲デモへの合流をもって、洞口さんへの処分を防ぎ、理事会が営利の為だけに変質させたこの腐った就職予備校体制をぶっ潰そう! 学生であり続けたい、ただその一点のみにおいて、我々はどんな信条を持っていようが、どんな立場に立っていようが、共通の敵に対して団結出来るということを見せてやろう! 法大はまだ終わってない! ぜひともみなさんの結集をお待ちしています!!
 起て、法大生よ!!


一日行動の様子

 ちなみにヤクザ部隊とは・・・

 学内を徘徊し、洞口さん及び彼女と関係のある(と大学が判断する)学生を片っ端から盗撮し、名前と学部を調べ上げ、教授会に通告し、単位や就職をチラつかせて、学生を恫喝してまわる悪魔のような部隊である。しかもどこの誰かも、法大の職員なのかどうかもナゾである。だが法大生はこんな無法者には決して負けず、人生をかけて法大を解放させるために闘ってきた。06年から始まる法大闘争は、今ではもはや学生部の部長が決まらないほど法大当局の組織的崩壊が始まり、法大生は逆に仲間を増やしている。金と権力の前に法大当局は敗れ去ったが、学生はそんなものに縛られる存在ではないのだ。焼肉でサークル団体の幹部を買収し、権力で学生を屈服させ、暴力で学生同士をバラバラにさせる。そこからひとつひとつ立ち向かっていく団結をつくってきた法大闘争とはドラマではなく、現実の「人間らしくありたい」という学生の運動である。感動だ!

 ちなみにヤクザ部隊の前身は、08年に現れた「ジャージ軍団」である。

 彼らは自分を「法大の嘱託職員」と言って、学内を徘徊していたが、実はジャパンプロテクションという警備会社の社員だった。法大生から「追放」の烙印を押され、半年で消滅したが・・・。

とにかく、6月30日は法大でデモ!

広大で集会だよ!


byケンヤ
PR