忍者ブログ

新しい看板!

3・8 被曝医療に関する福島国際シンポジウム
3・11 反原発福島行動’15
に向けて、看板を出しました。
 東日本大震災・福島第一原発事故からもうすぐ4年。福島第一原発は今も放射性物質を放出し、『高線量汚染』『内部被曝』が続いています。それなのに国・福島県は、『安心・安全キャンペーン』を強化し、『20㍉シーベルト以下の(除染困難な)地区への帰還』を強行しています。
 すでに小児甲状腺がんが多発しています。非がん性の放射線障害も強く懸念されるのに、住民の被曝・被曝労働は強化される一方です。こうした状況を突破するため、福島現地での大きな行動が二つ呼び掛けられています。せっかくの春休み、被爆地・広島大学から参加しましょう。

PR