忍者ブログ

日刊☆全学連 NO.2

 更新が遅くなってしまいました(>_<)
 《4月11日(金)発刊!》

単位?資格?キャリアデザイン?こんな競争はホントにくだらん!
学生は団結しよう!一生の仲間をつくろう!
広島大学に自治会をつくろう!

 おっす!全学連だ。
 新入生のみんなに僕らは熱烈にアピールしたい。学生は団結しよう!そして世界中で立ち上がる労働者・学生と一緒に、この世界を革命しようぜ!
 苦しかった受験時代を経て、みんなはどういう目的で大学に来ただろうか?就職のため?好きな研究がしたいから?友達をつくりたいから?
 きっといろんな動機があると思う。けれど、はっきり言って、今のままの大学は君たちの望むものは与えてはくれないだろう。
 今、広大を牛耳っている学長や経営協議会は、大学間競争に勝ち抜いて生き残るために、「大学ランキング」の格付けを一つでも上げることに夢中になっている。文部科学省は大学への交付金をどんどん減らし、逆に交付金をエサに言うことを聞かせようと大学を脅している。広大の副学長は、「私は文科省に抗議するなんて勇ましいことはできませんよ。決められたシステムの中でやっていきます」と宣言した。
 そのせいで学費は値上がり、儲からない研究室は取り潰し、サークル活動まで評価対象にされ、点数で比較される。学生どうしも成績やら単位やら資格で競争させられ、選別され、友達関係も長く続かない。上級生になるほど、友人関係が軽薄化していく。これが今の広大の現状だ。全国の大学でも同じだ。東京の法政大では、こういう大学に抗議した学生を警察に逮捕させ、退学処分にまでしている。
 ふっざけんな!こんあ情けない大学があるか!政府=オカミの決めたことには逆らいません、格差社会に抗議の一つもしない、イラク戦争が起こっても黙って見ているだけで「平和を追求する精神」だと?
 こんな大学は学生の手で変えなくちゃいけない。広大で革命を起こそう!

やってられないぜ!格差社会の現実

 今、日本の労働者の雇用条件はめちゃくちゃに破壊されている。正社員になれない派遣やパート・アルバイトなどの非正規雇用が、全労働人口のなんと33%!それでもこんなのはまだ序の口。財界や自民党は「労働者の9割を非正規雇用にする」よ本気で言っている。
 小泉政権以来、政府は労働者に向かってさんざん「痛みに耐えろ」と言ってきた。「市場原理は万能だ、痛みに耐えて景気回復すれば明るい未来がある」などと言われてきたが、結局労働者は今まで痛めつけられぱなし、一方で大企業は税金も減らされ、規制緩和でやりたい放題大儲けしてきた(この12年間で銀行は一円も税金を払っていない!)




これが格差の実態だ!

◎年収200万円いかが全就労人口の22.8%
   300万円以下は38.8%
◎50世帯に1世帯は生活保護受給
◎正社員が440万人減り、非正社員が480万人増加。
◎大企業(資本金10億円以上)の役員報酬は年2811万円(5年で倍増)

格差社会は学生の生活にも直撃!

◎親からの仕送り平均額が月8万円を下回る(20年前の水準に)。
◎「バイトに追われて留年」という学生が急増(全国私立大協調査)
◎奨学金受給希望者急増。1000万円以上の借金を抱える学生も多数。
 日本の学費はアメリカに次ぐ超法外的な高額。しかも、奨学金をもらえる人はどんどん減らされ、有利子の奨学金に手をつけるしかなくなっている。こんな腐った仕組みがあるか!学費なんて全部タダにしろ!




資本主義は腐りきっている

 財界、株主、経営者といった資本家階級は、資本主義を「人類の最高の到達点」みたいに言うが、とんでもない話だ!一日一ドル以下で生活する飢餓人口はすでにすでに12億人(地球総人口の2割)、失業、環境破壊…全部大企業の儲けのために引き起こされている。
 これは資本主義の行き着いた成れの果て、最後の姿だ。そして今、資本主義の崩壊が始まっている。
 今や、文句なしに世界一の経済大国であるアメリカで、サブプライム危機が発生している。何兆ドルというカネが一瞬にして消え去り、一流銀行が倒産。証券や債権が次々暴落し、資本主義経済を成り立たせてきた「信用」そのものが総崩壊していく事態になっている。

労働者階級の答えは革命しかない!

 はっきり言って資本主義なんて人類全体の歴史で見たらほんの一時期にすぎない。つまり特殊な歴史的段階で生まれた社会にすぎない。その社会の仕組みが労働者を犠牲にするんだったら変えなくちゃいけない。
 だから労働者も学生も、団結してこんな腐りきった社会を革命しようってことだ!
 はっきりさせたいのは、「この社会を動かしているのは、労働者だ。ネジ一つに回すにしたって全部労働者がやっているんだ。社会の主人公は労働者だ。」ということだ。
 非正規雇用化だ、国際競争だ、改憲だと政治家どもが勝手に騒いでいだところで、結局社会を動かし、歴史を動かすのは労働者階級しかない。

団結!ストライキ!革命!

 資本主義社会は競争によって成り立っている。労働者どうしが陰惨な生存競争を続ける限り、資本主義は続く。だから労働者も学生も、資本主義の枠内で生き延びるために競争するのをやめて、団結しようということだ。労働者は労働組合、学生は自治会をつくって団結しよう!そして、職場・学園の仲間とともにストライキをやろう!今や労働者が次々にストライキに立ち上がっている。日本だけじゃない、世界中で!世界中の労働者、学生と団結して、この世界を革命しよう!
 僕ら学生はアツく生きようじゃないか!くだらん競争はやめ、仲間を守り、怒りを語り合おう!新しい社会に向けて、大いに展望を語り合おう!こんなのは大学の授業じゃ教えてくれない。僕ら学生どうしで自分たちで語り合うことだ。これが「自治」だ。
 広大に自治会をつくってストライキをやろう!
PR