忍者ブログ

8・5~6ヒロシマ闘争を闘いぬいたぞ

「8・5全国学生集会」を
広大生を中心に、
全国の学生と一緒に闘い取りました。

この間学生自治会の1年生に対し
「8・5-6の行動にはいかせない」といって
広大当局・公安警察一体で弾圧に手を染めてきました。
しかし当該の1年生たちは、仲間と団結し
未曾有の弾圧と闘い抜いてきました。

弾圧の仕方はあまりにも陰湿かつ姑息であり、
当該1年生が大学の攻撃の破綻性を論破しきっていることからも、
恐れるに足らずである、ということは明らかです。

そもそも「7・1集団的自衛権閣議決定」の情勢下で、
キャンパスからたったひとりでも学生が立ち上がることに、
安倍政権や大学当局にとってどれほど恐怖しているのか。
攻撃の激しさは敵の脆弱性を示すものでしかありません。





広大自治会は昨年の再建以来、原発と核、戦争に反対し、
そのもとで進められる大学の民営化に反対し、
学生への不当な弾圧に、絶対反対で闘い
団結を固めて前進してきました。
広大自治会は「この道を進み、安倍に勝つ!」
と訴えました。
トゥジェン!


PR