忍者ブログ

7・18大瀧慈さん講演会inヒロシマ



7・18(月)広島市内で大瀧慈さんの講演会が行われ、参加しました。大瀧慈さんは、広島大学原爆放射線医科学研究所(原医研)の客員教授であり、“広島原爆に残された謎に挑む執念の科学者”として、いま注目を集めておられます。その研究を通じて、ヒロシマ・ナガサキでも、そして今度のフクシマでも切り捨てられようとしている“内部被曝”の問題が、いかに人体に大きな影響を与えるか、日本政府が福島県を“除染すれば復興”できるといって、避難ではなく帰還を進めていることが、住民の健康被害を拡大させる危険性を高めているかを、科学的に立証されようとしています。

5年前の原発事故以降、被爆地・広島大学から″放射線の専門家”と称して何人もの教授たちが福島現地へ派遣されていますが、大瀧さんのように内部被曝の危険性を訴える立場の人ではなく、「内部被曝の影響はない(考えなくても良いくらい小さい)」という立場の教授が派遣され、国の“福島復興事業”の陣頭指揮を執っています。本当に許せないことです!

大瀧さんの存在は、いまだに国から正式な「被爆者」と認定されず放置されてきた広島・長崎の被爆者、あるいは原発事故と闘う福島の人々の大きな支えになっています。国策に追随するのではなく、現実に真剣に向き合い、研究を続けてこられた大瀧さんのような人こそ、広島大学の誇りではないでしょうか。
私たち学生自治会も、闘う教職員の方と連帯して、広大を反原発・反核・反戦の拠点としていきたいと思います!










PR