忍者ブログ

【報告】11・1全国労働者総決起集会

(国鉄千葉動力車労働組合HPより転載)

「ストライキで戦争止めよう」―東京・日比谷野外音楽堂に5700人


11・1集会&デモ(ダイジェスト版)

◆韓国から
パククネ打倒のゼネストに立ちあがっている韓国・民主労総から。自治体・鉄道労働者を先頭に、総勢29人が参加!


◆ドイツから
ベルリン都市鉄道の民営化に対し、ストライキで闘って阻止し続けている労働組合の委員長が来日し発言!

ほかにも、現在戦争のまっただ中のトルコから初めて参加。

◆日本から


◇「1047名解雇撤回闘争争議団」
「国鉄分割・民営化による不当解雇撤回」を掲げ約30年にわたって、国とJRの労働組合つぶしに負けずに闘い抜いてきた。正規雇用が減り、非正規雇用が増加。過労死・自殺者が後を絶たない。こんな社会の出発点である1987年国鉄分割・民営化を曖昧にさせず、労働運動再生の展望を示し続けてきた。


◇「動労総連合」
JR本体とJR関連企業で働く労働者の労働組合。外注化による会社の違い、正規と非正規の分断を乗り越えて一つの労働組合で闘っている。そして今、JR(JR関連)で働く青年労働者が、JRの御用労組を脱退し、ストライキで闘う動労総連合に続々と加盟し始めている。


◇非正規労働者の組合=「東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会」
全員3ヶ月契約の非正規職場で労働組合をつくり、徹底的に闘い、不当解雇攻撃を裁判でひっくり返して職場復帰を果たした。先日、組合破壊攻撃のなかで亡くなった仲間の解雇無効の勝利判決も勝ち取り、「非正規でも闘えば勝てる」ことを示してきた。



◇学生代表 全学連委員長・齋藤郁真くん(法政大学)の発言


PR