忍者ブログ

10.25 学生を代表して発言!


(No Nukes HIRODAI代表 鈴木研也)

◆本日訴えたいことは、ここに集まったみなさんの総意として福島の人とつながり、山下・神谷という御用学者を大学界・医学界から追放していこうと。この人たちをどうにかするまで終わらないということを確認したいということと、もうひとつは大学を変えていこうということです。

◆原発を今後も続けるため、国の総力をあげて福島の方々の声を抹殺しています。「除染をすれば帰れる」「安全・安心キャンペーン」など、原発事故を過小評価をし、福島から声をあげさせないようにしている。福島現地でそれを最先端で担っているのが、山下・神谷という御用学者なわけです。

◆3・11は「大学・学問がこれでいいのか」ということを根本からつきつけました。「市場原理にまかせればすべてうまくいく」と、04年国立大学が法人化されたことで、大学は企業の利益に役立つかどうかが基準になりました。大学の人事・経営を大企業が直接掌握、広大は原発を造っている三菱重工に握られます。その中で教職員・院生は競争・競争で、企業に擦り寄ってカネをとってくることでしか生き残れなくなり、横のつながりや共同性が奪われ、自殺が相次ぐキャンパスになったのです。

◆大学が変わらなければいけない。福島で起きていることと、僕たちの大学で起きていることの根っこは一つ。国や資本に生活、権利、決定権が奪われています。しかし、3・11をきっかけに、全国の学生がキャンパスから同じ気持ちで行動に立ち上がっています。広大からも合流していきましょう!
PR