忍者ブログ

6・15国会包囲行動

emoji参加した、広大自治会の仲間の感想emoji

 6・15国会包囲行動は、学生が自分たちの力で戦争を止め、戦争を必要とする今の社会のあり方を自分たちで変えていく、その出発点となる行動になりました! 学生が、全学連が戦争絶対反対で座り込み、デモをしていることへの圧倒的な注目。次の社会を担う私たちが行動することが、多くの人々の求心力になることを感じました。

 一方で、「戦争反対を100万回言っても、それだけじゃ止められない」。戦争はすでにキャンパスの問題です。東京大学をはじめとする軍事研究、経済的徴兵制、これらは大学改革と一体で日常的に進められている戦争協力です。戦争は、戦争を日常のものにしなければできません。戦争を止めるためには、この戦争協力を学生に迫っていく大学の“日常”を変えていかなければなりません。「キャンパスの主人公は学生だ!」という確信を持って団結する学生自治会のもとで、戦争絶対反対、大学は学生のものだとはっきりさせるゼネストを闘うことが、戦争を日常のものにしようとする安倍政権を倒す最大の力になります。

 学生は未来をつくる存在です。広大生の皆さん、広大学生自治会に入って、大学を自分たちの力で学生の手に取り戻し、戦争を止めるゼネストを共に闘いましょう!

emoji6・15写真報告emoji
※朝9時の国会周辺。場所取りのため、すでに人が集まってました!
 
※全国から学生・労働者が続々と国会周辺に。夕方5時頃には約1000人が国会を包囲!

※宗教関係者の方々も多数☆
PR