忍者ブログ

布施先生の講演会報告☆

報告が遅れてすみません! 
17日(木)18時~約2時間の講演会は約30人が参加!
新入生を中心に、講師への活発な質問が出され、企画は大成功でした!!


 講演では、今福島で問題になっている子どもの甲状腺がんの増加の問題を中心にお話ししていただきました。甲状腺がんとは何か、という基礎的なところから、福島県立医科大学が甲状腺がんの検査の独占や、広大の神谷研二教授ら御用学者の問題性を、医療者として患者と向き合う立場から話されていました。
 また、布施さんが今、県や国の圧力の中で信念を持って活動できているのは、学生時代の自治会活動の経験が土台にあるとおっしゃっていました。広大自治会にエールをいただいたように思います。
 講演会後の質疑応答では新入生を中心に、「甲状腺がん以外の健康被害は?」「フクシマが忘れられている。安倍政権の再稼働に対し声を上げていくことが大事」「後継者はいるんですか?」といった質問や意見がでました!


 その後は広島で福島の子どもたちの保養を行なっているNPOの方がアピール。
保養に来た福島の子どもたちが、福島では放射能が付いているかもしれないので落ち葉が怖い、
ことをお話しされ、保養運動に是非取り組んでほしいと訴えられました。


 最後は我らが百武委員長がアピール!
 今もまだ原発事故が終わっておらず、御用学者が暗躍している現状と、それと闘う全国の学生自治会の攻防について情勢を訴えました。そして、保養をはじめとする福島との連帯、国際連帯としての8・6広島大行動への取り組みを自治会でやっていきたいと行動方針をアピールしました。
PR