忍者ブログ

浅原学長への質問提出行動日の様子

BGM
These Days Bon Jovi


 こんにちは。ケンヤです。今日は山場。浅原学長への質問提出行動日。質問用紙も全文のっけます。
 あと、今日の様子。読者のみなさま、全国の仲間たち、今日の行動の様子が知りたい広大生、おそらく見ているだろう学生課の職員の方々、支持・不支持をひっくるめて、みんなが見れるからブログっていいですね。


 朝テント。パラソルを体育会から借りて来て出しました。


 中はこんな様子。すげー落ち着く。


 昼に集会を行います。安藤全学連副委員長の20分におよぶ、基調提起をぶつける。


 そして学生プラザへ。


 後を追う職員の方。ちなみに集会中は総科の事務室の下で、こちらを見ておられた。集会に参加したいなら、もっと近くに来て良いですよ。


 こんにちは。浅原学長に公開質問状を出しに来ました。


 何だ何だ?


 公開質問状を読み上げる。


2010年7月22日(木)


浅原学長への公開質問状


 私たちは、広島大学学生有志です。私たちは、「平和を希求する精神」を掲げている広島大学が、戦争や兵器産業に協力する方向に向かっているのではないかという認識を、学生や教職員との討論の中で、持ち始めました。
私たちは広島大学の構成員として、浅原学長に対し、「平和を希求する精神」についての考え方、また、広島大学の運営のあり方について問いたいという趣旨で、このたび文書にて質問状を提出することにいたしました。

①広島大学の経営協議会に、日本最大の兵器産業であり原子力事業にも携わる三菱重工会長代表取締役会長・佃和夫氏を招き、大学経営を担当させていることに矛盾を感じます。どのような理由でこうした人事が決定されたのでしょうか?

②浅原学長が会長を務める放射線影響研究所(放影研)の広島地元連絡協議会が、昨年「米国アレルギー感染症研究所(NIAID)」という核テロ対策に関する研究機関に、被爆者の情報を提供することを決定したことは、どのような理由からでしょうか?

③広島大学先進物質研究センターが、広島・長崎に落とした原爆をはじめ、今なお核兵器開発の拠点であるアメリカ・ロスアラモス国立研究所と昨年提携を結んだのは、どのような理由でしょうか?


以上の3点について、浅原学長の返答をお聞かせください。
なお、7月30日(金)までに、文書による回答をよろしくお願いします。     

8・6ヒロシマ広大生実行委員会
代表者 鈴木研也(広島大学理学部数学科4年 b064513)
連絡先 090-3453-0148 hiroshimadaigakugo@yahoo.co.jp




 広大を背負って立つ有望な学生が集まっておるな


 全体像。画像が少し荒いのは、カメラの電池がなくなりつつあるからです。


 昼休みを終えて一息つくテント。ちなみに職員の反応は、「確かに承りました」でした。

 
 山場を終えた後の空は青い。


 日も落ちてくるテントの図。


 広大の空は良い。


 入道雲を見ると「竜の巣」という言葉を思い浮かべるのは僕だけだろうか。


 良かと。


 だいぶ日も落ちかかってますな。


 生協食堂。

5コマ後、8.6ヒロシマの実行委員会を盛大に開いて、そして漆黒の闇が訪れる。


 しかし、我々は闇にはさせない。


 テントが部屋になっとる。(ここらへんから本格的にカメラの電池がなくなってきたので、だいぶ画像が荒れます)


 西条虫が光に寄ってくる。


 一日お疲れ様ではないですが。


 じゃあちょいと飲みますか。

 後は、8.6に向けてまっしぐら。僕もテストの板ばさみになって大変だが、今広大は面白いよ。あと、カキ氷は・・・すぐ無くなる!暑いからね。
PR