忍者ブログ

アメリカの学生から広大生にアピール!

Dear Students and Faculty of Hiroshima University,

I am writing this appeal in the sincere hope that you will join the Zengakuren on August 5th, 6th, and 7th, in the struggle against warfare and nuclear arms. On this 65th anniversary of the atom bombing of Hiroshima, the association of Hiroshima with “Peace” appears to have become altogether trite and beset by hypocrisy. Hiroshima Mayor, Akiba, applauds President Obama whose policy strives to monopolize nuclear arms. Behind closed doors, the university itself collaborates with US counterterrorism and the production US nuclear arms.

It is difficult, then, to find organizations and student unions dedicated both to maintaining and fighting for the integrity of the word “Peace.” On this account, I urge you to join the Zengakuren on August 5th, 6th, and 7th, if only to meet others who fight for the exposure of hypocrisy and struggle, sincerely, for the possibility of peace without war. Join us!!  親愛なる広島大学の学生と教授のみなさんへ
 私は、みなさんが全学連とともに8月5日,6日,7日に戦争と核兵器に対するたたかいに加わることを心から望みこのアピールを書いています。 広島に原子爆撃が投下されてから65周年たった今、「平和」を掲げている広島の運動団体は、まったく陳腐なものとなり、偽善に悩まされるようになったようにみえます。 広島市長(秋葉)は核兵器を独占する政策をとるために努力するオバマ大統領に拍手喝采しています。密室の中で、大学自体が米国のテロ対策と核兵器製造のために協力して作業しています。
 「平和」という言葉通りに、主張し、たたかう誠実な組織と学生団体を見つけることは困難です。 こういうわけで、8月5日,6日,7日に全学連とともに参加することをお願いします。偽善の露顕とたたかい、戦争なしの平和の可能性のために、心からたたかう人々に出会うだけでも。 私たちに加わってください!
PR